So-net無料ブログ作成
検索選択

Studie Photo Contest 2014 [killing time]

BMW専門店のスタディが開催している、フォト・コンテスト。
今年もまた、懲りもせず応募してみました。

今回のお題は、「街とBMW」です。
私は極力街を走らないようにしていますので、当然のことながら、「街とB3」の写真などあるワケもございません。
応募はやめようか・・・とも思いましたが、思いなおして写真を撮りに早朝の都内へと向かいました。
駐まっている姿ではなく、走っているB3を撮ろうと最初から考えていたため、クルマ仲間のKさんにアシストを頼み込んでいます。

1.jpg
2.jpg
3.jpg

Wi-Fi経由でカメラとリンクしたスマートフォンで構図を確認し、リモート・レリーズでシャッターを切りながら、都心部をぐーるぐるぐる。
失敗を覚悟でスロー・シャッターでの撮影にトライしたのですが、時折チェックしてみると案の定、ブレ写真やボケ写真のオンパレードとなっていました(涙)。
2時間ほど走り回ってすっかり疲れたオッサン二名はクルマをパーキングに放り込み、早朝営業のレストランでモーニング。
もちろん、私の奢りです(笑)。

for_contest.jpg
帰宅後、山ほど撮った写真の中からマトモに写っている数枚をピック・アップ。
Kさんたちにも意見を聞きながらどうしようかと悩んだ挙句、東京都中央区銀座四丁目交差点でのショットを応募することにしました。
この写真もやっぱりブレているのですが、それも含めて「動きのある写真」と言い張る所存です(汗)。
で・・・。

なんとビックリ、2位の評価をいただいてしまいました。
会議の合い間にスマートフォンでこの嬉しい事実を知った私、下を向いてほくそ笑みを噛み殺すのに必死です(笑)。
いや~、本当に嬉しいです!

2ndPrize.jpg

毎度同じようなことを書いていますが、私はこのBlogを書いていなければ、クルマの写真を撮ることなど無かったと思います。
皆さんに見ていただいているからこそ、「よぉ~し、おもろい写真を撮ってやれ」的なモチベーションが働くのです。
そんなわけで今回もまた、皆さんのおかげで入賞させていただきました。
もちろん、朝っぱらから撮影につきあってくれたKさんには心から感謝していますし、身に余る栄誉を与えてくれたフォトコンテスト事務局の方々にも御礼を申し述べたいと思います。
皆さん、本当にありがとうございました!

nice?(12)  コメント(16) 
共通テーマ:自動車

nice? 12

コメント 16

タッチ

銀座ですね、ここ最近の「銀座とクルマ」ネタとしては、ヤナセさんのTV-CMで黒光りした古いベンツのボンネットに和光の時計台が映し出されていたのが記憶に新しいですが、しかし何と言っても「ギンザNOW!」世代の私(wataさんも)としては、「ナハッナハッ」とか「ザ・デストロイヤー」とか「トミマツ」などが、記憶に刷り込まれていると思います。以上です。(恥)

by タッチ (2014-10-04 21:44) 

K

入賞、おめでとうございます!
普段は仕事で乗るタクシーから眺める都心を、
B3をひっぱりながら走って楽しかったです。

首都高をくぐった所を捉えた3枚目のシャープな写りも気に入りましたが、
「動き」のあるカットということで、銀座のお約束交差点カットを採用。
結果的に意図を評価されて良かったですね。

伝説の「銀座NOW」は、地方出身者の私はリアルで見れていませんが、
バブルの頃の銀座ならば、wataさん同様に存じ上げております。。。
by K (2014-10-04 22:47) 

wata

タッチさん、こんにちは。

「ギンザNOW!」→TV番組だと思いますが、見たことないんです・・・。
「ナハッナハッ」→せんだみつおですか?
「ザ・デストロイヤー」→プロレスラーですよね。
「トミマツ」→トミーとマツ?松崎しげるの刑事ドラマ?

以上です(汗)。

by wata (2014-10-05 08:54) 

wata

Kさん、こんにちは。

無理を承知でカメラ・カーをお願いしましたが、そのおかげでこんなに高い評価をいただくことができました。
どうもありがとうございました!
・・・が、バブル期でも銀座で遊べるようなカネはありませんでした(涙)。

「首都高下」は等倍で見てもブレの全く無い、奇跡の一枚でした。
後方に停車しているトラックさえ写っていなければ、コレで応募したと思います。
ネタ的には、「トラックとバスに追われるB3」が一番好きなんです。
彼我の差をもう少しハッキリと表現できていれば、良かったんですけどねぇ。
NDフィルターをかませ、絞り開放でSSを1/30以下まで落とせれば・・・。

って、無理か(汗)。

by wata (2014-10-05 09:18) 

つくばの松

お~、おめでとうございます!

またやっちゃったんですね(笑)、実は私も気軽に応募してみたのですが、数年前に撮った、ブログで使いまわした写真では見事落選でした!(爆)
↑wataさんの作品制作における手間ヒマを拝見すると、納得・反省・改心した次第です・・伏


by つくばの松 (2014-10-05 15:50) 

wata

つくばの松さん、こんにちは。

応募作の中に「これは松さんのかな~」と思う一枚がありましたが、やはりそうだったんですね!
私も街中での写真があれば、その中から選んで応募したと思います。
しかし、見事に一枚も無いんですよねぇ・・・。
ということで友人の手を借りてわざわざ撮影に行ったのですが、結構楽しかったですよ。
バカバカしいことを一生懸命やるってのが、好きなんです(笑)。

by wata (2014-10-06 00:12) 

お茶屋

おぉ!これまた素晴らしいmaxなワンシーン☆
ご入賞☆おめでとうございます!!

by お茶屋 (2014-10-06 10:17) 

EVA Titer

入賞おめでとうございます。

コンテストのために撮影をする!さすがです。
スナップを撮って出しの自分が恥ずかしです。はい。

M3はあまり写真を取っていないので、次回は私も応募してみましょうかね~

by EVA Titer (2014-10-06 10:25) 

SHERRY

こんばんは。

銀メダル?おめでとうございます!

愛車の走行写真なんてなかなか撮る機会無いよな…と思っていましたが、これ見たら撮りたくなってきました(笑)

片田舎で交通量が殆ど無いのをいいことに、山道で試してみようと思います。
by SHERRY (2014-10-06 20:52) 

wata

お茶屋さん、こんにちは。

どうもありがとうございます!
友人を巻き込み、早起きして普段なら絶対に行かない都心部に繰り出した甲斐がありました。
・・・でも私はやっぱり、野山を駆け巡っているほうがいいです(笑)。

by wata (2014-10-06 21:54) 

wata

EVA Titerさん、こんにちは。

いやいや、私だって街中の写真があったらわざわざ撮影になんか行きませんよ(笑)。
2年前と3年前は「山」や「海」がテーマでしたので、ツーリング中のスナップから一枚選ぶだけで済みました。
「夜」とか「街」とかは、やはり苦手です(涙)。

フェニックス・イエローのE92/M3は、めちゃめちゃ写真映えすると思いますよ。
次回のご応募、期待しています!

by wata (2014-10-06 22:02) 

wata

SHERRYさん、こんにちは。

クルマは走るマシーンですから、やっぱり走っている姿がいちばん魅力的だと思っています。
しかしながら、走っている自分のクルマを自分で撮るってのは、なかなか難しいんですよねぇ・・・。
今回も友人の協力が無ければ絶対に撮れない写真でしたが、それでも「自分で撮る」ってところだけは譲れないため、本文にあるような機器を使ってみた次第です。

SHERRYさんも是非、チャレンジしてみてください。
バカバカしいですが、楽しいですよ!(笑)

by wata (2014-10-06 22:14) 

Dachi

上位入賞おめでとうございます!
エントリー写真公開時に拝見して、「これは上位入賞だろうなぁ」と思っていましたが、まさに予想通りでした。

私も今回初めて応募してみたのですが、もうちょっとイマジネーションを働かさないとダメだなぁと思い知らされる結果でした。いや、私の場合は、ひょっとしたらクルマに対する愛がまだ足りないだけなのかもしれません(笑)
by Dachi (2014-10-07 01:47) 

wata

Dachiさん、こんにちは。

どうもありがとうございます。
私なんぞはイマジネーションのカケラもなく、ただ単純に走ってるB3を撮ることだけしかアタマに浮かびませんでした。
今回は望外の評価をいただきましたが、いわゆるインパクト勝負の一発屋って感じですかね・・・。
いずれにせよ、とても良い思い出となりました(笑)。

by wata (2014-10-07 22:32) 

amataro

おめでとうございます!
最初に見たとき、あーまたwataさんタイヤ1セット貰えるな、と思いましたが次席でしたね。
でも皆さんが認める素晴らしい写真だと思います。

私も末席に入れていただきましたが、ストックから引っ張り出してきた写真と違って、時間をかけて撮った写真はやはり素晴らしいです!
by amataro (2014-10-10 12:44) 

wata

amataroさん、こんにちは。

同じく、入賞おめでとうございます!
応募者名とクルマ、更にシックなトーンの画からamataroさんだろうな~と思っていましたが、やっぱりそうだったんですね。
しかし何度か書いているように、私だってストックがあればわざわざ撮影に行ったりしなくて済んだんです(涙)。

・・・と言いつつ、撮影のために走るのも結構楽しかったんですけどね(笑)。

by wata (2014-10-10 19:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。