So-net無料ブログ作成

GT2014GW[6]京都・滋賀 [drive/touring]

6時に起床、日本海は凪、空は快晴!

P1030552.jpg
P1030554.jpg
素晴らしく爽やかな丹後半島の朝、宿のホースを借りてB3を洗います。
3日続けての洗車となりましたが、もう雨で汚れることは無いとわかっているためもあり、ちっとも苦になりません(笑)。
海が見える大浴場で汗を流し、海産物中心の超旨い朝飯をガッツリ喰わせていただきました。
今日は夏日になるとの予報もあり、Tシャツ+ポロシャツの半袖姿で出発。
青い海を左手に見ながら、R178での快走が始まりました。
シート・バック・ポケットのツーリングマップルは、中国四国版から関西版へと抜かりなくスイッチしてあります。

P1030556.jpg
P1030557.jpg
P1030559.jpg
半島北端の経ヶ岬、6年前は休憩に立ち寄っただけでしたが、今日は少し歩いてみることにしました。
遊歩道の入口には「展望所まで400m」の看板、まぁ多少のアップダウンがあっても400mなら楽勝でしょう。
・・・と思いきや、これがもう単なる山登り。
ひたすら続く急な上り坂に、オッサンの足や腰、そして心までもが粉々に砕けそうになります。
息を切らし、ポロシャツを脱ぎ捨て、汗だくになって登頂したのに、木に覆われて思ったほど展望は開けず・・・。
あまり達成感を得られぬままヘトヘトになって駐車場まで戻り、運転再開が可能となるまでへたり込むのでありました(涙)。

P1030561.jpg
P1030576.jpg
P1030581.jpg
断崖上のワインディングとなったR178を走るB3。
他にクルマもバイクも走っておらず、実に気持ちのいいドライビングを堪能します。
関東エリアでは混雑を嫌って海沿いのルートを走ることは殆どありませんので、マイペースでシーサイド・ドライブを楽しめるのもまた、グランド・ツーリングの醍醐味だと思っています。
若狭湾に向かって快調に下っていくと、「舟屋の里・伊根」の文字が目につくようになりました。
そうか、伊根漁港ってここにあるのか・・・と、立ち寄ってみることに決定。
B3を駐めて歩いてみると、小さく穏やかな入り江に沿って、趣のあるビルトイン・ガレージのような舟屋が立ち並んでいます。
とても風情ある景色に、心癒される気がしました。

P1030584.jpg
P1030586.jpg
P1030587.jpg
引き続きR178で宮津の街まで出、京都縦貫自動車道を南下し終着の京丹波わちICでアウト。
ここから東へ、6年前に走ったルートで、琵琶湖を目指し山の中を走り続けることにします。
トラックの多いR27を離れてK12に入ると、豪快なマイペース走行が可能なカントリー・ロードが伸びています。
沿道にはところどころ茅葺き屋根の民家が堂々たる構えで建っており、それらの多くが現役であることに少なからず驚かされました。
R162の道の駅、「美山ふれあい広場」で休憩。
今日は暑いぐらいの晴天で、ツーリング・ライダーも多数集まって談笑しています。
ちょうど昼時でもあったため、手作りのシフォン・ケーキと米粉クリーム・パン、地元の美山牛乳を買って、ベンチでランチと洒落込みました。
いや~、本当に気持ちいいですねぇ。

P1030589.jpg
P1030600.jpg
P1030602.jpg
P1030608.jpg
P1030611.jpg
由良川に沿ってK38で快走。
爽やかな5月の風を受けながら走る2車線のアスファルトは、やがて峠へと向かう1.5車線路となります。
誰もいない山の中、眩しい新緑に包まれて、2速⇔3速のヒルクライムが続きました。
久しぶりにやってきた佐々里峠は、記憶にある通りの素晴らしい雰囲気。
散り果てる間際の桜と芽吹く緑とのコントラストが美しく、その情景に思わず立ち尽くしてしまいます。
とてもいい峠だ、いつかまた来よう・・・と心に決めつつ、タイヤを軋ませながら屈曲路を駆け下っていきました。
花背へと向かうK38と別れ、K110へと左折。
この道は更に狭く、暗い杉林の中をひたすら進むことになります。
小さな峠を越えてなお延々と山道を辿り、滋賀県に入ってようやく下界に出ました。

P1030639.jpg
P1030640.jpg
P1030642.jpg
P1030644.jpg
P1030645.jpg
R367/鯖街道を快適に北へと走り、R303を経由して琵琶湖の湖岸道路へ。
海と見紛うほどの大きな湖はとても穏やかで、午後の陽光に青く輝いていました。
そのまま湖岸に沿って北上、K557で湖面をすぐ右手に感じながらのファスト・ランが続きます。
その先は、元有料道路の奥琵琶湖パークウェイ
一気に高度を上げ、連続するアップダウンとタイト・コーナーを次々とクリアしていきます。
驚いたことにこの道、途中の駐車場から先は、かつての対向車線を潰して完全な一方通行になっているのです。
対向車が来ないため事故のリスクは大きく減ったことでしょう、反対側からは入ることもできないので不便かもしれませんが、おかげで心置きなくドライビングを楽しむことができました。
琵琶湖の北端からは、国道を避けK44で再び湖岸に出ます。
交通量はそれなりにあるもの流れは良く、傾きかけた太陽とそれを映す眩しい湖面に目を細めながら走りました。

P1030655.jpg
湖周道路/K331沿いの道の駅「湖北みずどりステーション」に立ち寄り、ツーリングマップルとにらめっこ。
時刻は17時になろうとしているものの、この時点で以降の計画は何一つ決まっていませんでした。
明日からゴールデン・ウィークの4連休が始まりますが、このまま高速道路に乗れば、大渋滞とは無縁のまま夜半には帰宅できるでしょう。
とはいえ明日も好天が続くとの予報、せっかくなので渋滞を避けつつ、あと少しだけ走ってから帰りたいとも思います。
で、いろいろと考えた挙句、とりあえずもう一泊することとし、スマートフォンで「じゃらんnet」にアクセス。
菜の花のような黄色い花が風に揺れるキャベツ畑を突っ切り、長浜の市街地を抜けて、予約した宿へと向かいました。

P1030666.jpg
滋賀県米原市の宿泊施設、「グリーンパーク山東・鴨池荘」にチェック・イン。
10畳の和室で素泊まり4,500円、街中のビジネスホテルのように便利ではありませんが、手足を伸ばして大いに寛ぐことができます。
荷を解いて早速併設の露天風呂に入ったら、左腕がビリビリと痛くてビックリ仰天。
半袖で、ずーっと窓を開けてドライブしていたもんですから、いつの間にか左腕だけが日焼けしまくっていたんですねぇ(汗)。
レストランで食事を摂り、部屋に戻ってUMPCを無線LANにつなぎます。
渋滞予測情報を元に明日のルートを検討してみたのですが、生ビールの酔いも手伝ってそのうちに考えるのがめんどくさくなり、とりあえず早起きすることにして、さっさと寝ました(笑)。


より大きな地図で GT2014GW[6] を表示

今日の走行距離は、302km。
走行時間は6時間23分、平均速度は47.2km/hでした。

つづく。

nice?(7)  コメント(10) 
共通テーマ:自動車

nice? 7

コメント 10

かめ2号ALLRAD多摩

wata様 美山牛乳、いいですね。 総集編も楽しみにしています。
by かめ2号ALLRAD多摩 (2014-05-18 14:58) 

ゆう320

wataさん、こんにちは。
京都美山を通られたんですね。K12は交通量もまばらでとても走りやすい道なので私もよく走ります。たまに鹿が出ますが(汗)
佐々里峠南側の連続する低速カーブはステアリングを回すのが愉しいですね。いや、タイヤを軋ませてたなら、wataさんにとっては高速カーブですか??(すっとぼけ)
そういえば、美山に蕎麦屋があったと思いますが、今回はまだそばを食べてませんね...
by ゆう320 (2014-05-18 15:18) 

wata

かめ2号さん、こんにちは。

そもそも牛乳を飲むのが久しぶりだったのですが、美山牛乳は旨かったですよ!
ただ今となっては、その美山牛乳を使ったソフトクリームを喰わなかったことが悔やまれてなりません(汗)。

by wata (2014-05-18 21:13) 

wata

ゆう320さん、こんにちは。

いや~、美山から佐々里峠越えのルートは本当に気持ちいいですねぇ。
私の中では、京都と言えば歴史の街よりも、この付近のワインディングや丹後半島のほうが印象が強いんです(笑)。

ちなみに今回のGTでは、蕎麦を喰っていません。
昼飯は道の駅でおにぎりやパンを軽く喰うか、もしくは全く喰わないかのどちらかでした(涙)。

by wata (2014-05-18 21:13) 

リョウスケ

こんにちは!

下から、7枚目、そのままバックで戻ったんですか(笑)?
by リョウスケ (2014-05-19 12:37) 

AQUA

こんにちは♪
奥琵琶湖パークウェイ、僕も昨年桜の季節に訪れたのですが、一方通行にもかかわらず何故か対向車が数台( ゚Д゚)
また来られるときがあるかと思いますのでお気をつけ下さいませ。

あと、パークウェイを抜けたあと塩津街道から514に入り少し登っていくと古ーいトンネルがあるのですが、自転車乗りでは有名な絶景ポイントです!←トンネル入る前です。

またのお越しをお待ちしております(礼)
by AQUA (2014-05-19 13:57) 

wata

リョウスケさん、こんにちは。

下から7枚目ですか?
えーと、1、2、3、・・・あぁ、琵琶湖畔で釣りをしている人の写真ですね。

・・・大変申し訳ありませんが、仰る意味が解りかねます(伏)。

by wata (2014-05-19 19:58) 

wata

AQUAさん、こんにちは。

そうですか、一方通行を逆走してくるクルマがいるんですか。
恐ろしいですねぇ・・・。
道幅は2車線分ありますが、調子こいて走ってると危ないですね(汗)。
絶景の古ーいトンネルにも、是非立ち寄ってみたいと思います。
このエリアは走りも景色も満喫できる道が多いので、再訪間違いなしだと思っています。
貴重な情報、大いに参考にさせていただきます。
ありがとうございました!

by wata (2014-05-19 20:00) 

リョウスケ

スミマセン。再度。
google地図を、含めてでした。
釣りの方の下でした。。。
by リョウスケ (2014-05-20 12:27) 

wata

リョウスケさん

あ、やっぱり・・・(頷)。

by wata (2014-05-20 20:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。