So-net無料ブログ作成

センター・マフラー・マウント、換装! [about My B3]

またもやブチ切れた、B3のセンター・マフラー・マウント。
今回はMモデル専用のマウントを入手し、DIYでの交換作業を目論んでいました。
が・・・。

P1120260.jpg
そもそもフロア・ジャッキもウマも持っていないクセに、下回りの作業をやろうとするのが土台無理な話。
マンションの古紙回収スペースに積んであった週間少年ジャンプなどを失敬・・・いや(汗)、お借りして、車載ジャッキで持ち上げた後ろ二輪を載せてはみたものの、作業に必要なスペースには全く届きません。
試しに下へ潜ってみたところ、マウントを支えるプレートに鼻が当たりました(涙)。
5冊ぐらい積み重ねて四輪を載せればなんとかなるのかもしれませんが、いくら何でも危険すぎますよねぇ・・・。
そんなワケで「漫画ジャッキでDIY」を断念、プロに作業をお願いすることにしました。

P1120263.jpg
2011年の12月、フランジ部が割れて爆音化したマフラーを修理してもらった埼玉県川口市の中古車販売店、「カーメイトサクセス」。
オリジナル以上の強度を持たせたTIG溶接での修理をリーズナブルにやってもらい、とても満足しています。
その時のことは店のBlogにも記されているのですが、「爆音のアルピナ」や「激重たいマフラー」が印象に残っていたらしく、今回連絡した際にもすぐに思い出していただきました(汗)。
到着するとB3を早速リフト・アップし、作業開始です。

P1120276.jpg
福岡のwakinchanさんからメールで教えていただきましたが、センター・マフラー・マウント上部のナットを脱着するには、マフラーを少し下げる必要があるようです。
私がDIYを諦めたもうひとつの理由がコレでして、作業箇所がセンター・トンネル内であるため工具が届かないのです。
実際にはどうやって作業するのかな~と思っていたら、ちゃんとマフラーを支えてリフト・ダウンさせるツールがあるんですね。
足踏み式で2m以上の高さまで伸縮するようで、コイツをセットしてからリアのマフラー・ハンガーを外し、少しずつマフラーを下げて作業スペースを確保していました。
うーむ、なるほどねぇ。

P1120266.jpg
外してもらったマウントと、今回持ち込んだMモデル用のマウントとを並べてみました。
予想通り、Mモデル用は上下動の緩衝スペースが半分ほどとなっており、ノーマル・モデル用よりもマフラーの動きを抑えるような設計となっていることがわかります。
アーム部の厚さや幅は変わりませんが、素材は全くの別物であり、M用の硬さよりもむしろノーマル用の柔らかさが際立ちます。
いやもう、あまりの違いにビックリです(笑)。
イメージとしては、M用は耐久性能重視、ノーマル用は対NVH性能重視ってな感じでしょうか。
しかしながら全体のサイズはほぼ同一であるため、問題なくリプレイスできそうです。
うひひひ、しめしめ。

P1120281.jpg
で、装着してもらったマウントを見ると、何やら銀色のシートが巻かれています。
メカニックの方が笑いながら「おまじないをかけておきました」と言うので訊いてみたところ、コレは断熱素材のシートであるとのこと。
頻繁にブチ切れると言う私の愚痴や、切れたマウントの状況から、熱によるダメージも少なくないだろうと考えて、対策を施してくれたのだそうです。
特に頼んだわけでも無いのに、再発防止を第一義に考えたこの仕事っぷり。
そんな職人気質の対応に、ちょっと感動しちゃいましたよ。
前回に引き続き、この店に頼んで良かったなぁと思いました。

と言うことで、センター・マフラー・マウントの換装は完了。
Mモデル専用パーツにしましたが、工賃を含めた総費用は、正規ディーラーでノーマル用を装着してもらったときと変わりませんでした。
コレでもう当分切れることは無いだろうと信じつつ、春のドライビング・シーズンを迎えることとします!

nice?(11)  コメント(12) 
共通テーマ:自動車

nice? 11

コメント 12

amataro

問題なく付いたようで何よりでした 

こんな共有部品にしてもおかしくないパーツ1つまでちゃんと考えられているメーカーって、やっぱり凄いなぁと思います
そんでもってそのパーツを見つけ出したwataさんの目の付け所も凄いですね というかよく見つけましたねこのパーツ

コレで今年乗り切れたらE46アルピナ乗りの方々の悩みが一つ消えますねー

by amataro (2013-03-03 22:00) 

M郎

熱対策をさりげなくやってくれるとは、なんて素晴らしいショップなんでしょう。
とりあえず無事に換装(強化)できて良かったですね。
私も次回はこれでいきますよ。
勇気あるチャレンジ、ありがとうございました。(伏)
by M郎 (2013-03-03 22:34) 

wata

amataroさん、こんにちは。

「よく見つけましたねこのパーツ」と言われましても、そんなに珍しいモンじゃありませんから(笑)。
装着したばかりで検証はこれからですが、もう少し早く気づくべきでしたね・・・。
個人的には今回の対応に期待しており、少なくとも2年間は切れずに頑張ってもらいたいもんだと思っている次第です(願)。

by wata (2013-03-03 23:52) 

SHERRY

こんばんは、最初の写真のジャ○プやサ○デーを目にして一瞬、「あれ?まさかwataさん壮年ながらも心は少年?」などという妄想を炸裂させてしまいました(馬鹿)

斯く言う自分は齢20半ばにして未だにマガジ○を愛読しているガキンチョで御座います(笑)

マウントの件ですが、BMW等に詳しくない自分でも印象に残るくらいですので、E46の有名な持病なんですね…。

今回の様な上位モデルのパーツ流用は個人的に好きでして、自分の愛車でも何点かやっていますが…

・ドアミラーウインカーやディマースイッチはアテンザやアクセラから
・ルーフアンテナはCX-7から
・ルームランプユニット(まだ装着していませんが)はMPVから

…と、これなら上級グレードに標準装備又はオプションとして用意してくれたらいいのに…と思うことしきりです…。
by SHERRY (2013-03-03 23:56) 

wata

M郎さん、こんにちは。

この熱対策、実効性はまだわかりませんが、それよりもメカニックの方が自主的にやってくれたことがとても嬉しいんですよ。
いずれにせよ、少なくともMモデル用のマウントにしたことで耐久性は上がっているはずだと思います。
NVH増も気になるところですので、しばらくは意識して走らせてみますよ。
ちなみに私の「勇気あるチャレンジ」は、DIYを断念したところで終了しました(涙)。

by wata (2013-03-04 00:01) 

wata

SHERRYさん、こんにちは。

いやいや、私ゃもう五十前のオッサンですから、マンガやアニメを観るような歳ではございません(咳)。
このマウントが切れる症状は、E46型BMWの中でもB3に多く発生しているような気がします。
マフラーがとても重たいらしいので、ノーマル用のマウントでは耐えられないのだろうと思ってます。
私はエクステリアやインテリアの改装はやりませんが、機能部品については他車種のモノを流用するのはアリかもしれませんね。

by wata (2013-03-04 00:15) 

wakinchan

こんばんは!

お役に立てず、すみません。。

ちょっとしたことに気を使えるメカニックは、
頼りになりますね!機転が利く方なんでしょう^^

ここで率直に申しますと、熱導伝率&開放からして、
マフラーのステーから中央から熱が入りますので、
反対ボディー側は、断熱シートが開放されていますように!(願

明らかに違う材質のゴム、耐久性が楽しみですね!^^




by wakinchan (2013-03-04 00:55) 

つくばの松

お~、付きましたね・・・
アフターレポートお願いしますね、半年以上先だと思いますが・・
1年以上もてば100点です!
耐熱シートなるほどですが、アンダーカバー装着段階で少しつぶれてゴム部分が見えなくなっていると思われ、切れた時に見えないのでは?と心配します・・・あ、そうか切れないからいいのか(笑)


by つくばの松 (2013-03-04 06:03) 

リョウスケ

そんな簡単にはいかなかったんですね(汗)。

マフラーハンガー外すとなると、一本モノの重さはとてもDIYで一人ではムリですわね・・・。
よく、勉強になりました。
by リョウスケ (2013-03-04 13:20) 

wata

wakinchanさん、こんにちは。

いろいろとアドバイスいただき、ありがとうございました。
にも関わらずDIYを断念した私、恩知らずにも程がありますよね(涙)。

熱伝導率云々の話、私のアタマでは今ひとつ理解できませんが(汗)、マフラーの放射熱よりもステーを伝わってくる熱のほうが大きいんじゃないかってことですかね。
だとすると、断熱シートで包んだのは大失敗と言うことになりますねぇ・・・。
ま、それも含めて「実験」と言うことで、wakinchanさんのB3とどちらが長持ちするか、勝負ですね!(笑)

by wata (2013-03-04 19:00) 

wata

つくばの松さん、こんにちは。

はい、おかげさまで一発ボルト・オンとなりました。
これまでの最長不断記録が25,000kmですので、目標は一気に50,000kmです。
ちなみにその頃、B3のオド・メーターは24万km近くまで伸びている計算です(笑)。

マウントが切れるとマフラーが下がり、耐熱シートはクシャッと潰れるハズなので、見ればわかると思います。
しかし私なら振動や音などで、見なくてもわかりますよ。
ダテに9回もブチ切れてませんから(涙)。

by wata (2013-03-04 19:01) 

wata

リョウスケさん、こんにちは。

>一本モノの重さはとてもDIYで一人ではムリですわね・・・。

いや、マフラーを外すワケではありませんから・・・。
ツールさえあれば、DIYで一人でできると思いますよ。
具体的には、車体にウマをかましてからフロア・ジャッキをマフラーに当て、ハンガーを外してジャッキ・ダウン。
wakinchanさんはこの方法で一人DIYを実現し、マウントを交換されたとのことです。
さすがに少年ジャンプと車載ジャッキじゃ、無理ですなぁ(涙)。

by wata (2013-03-04 19:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。