So-net無料ブログ作成

Studie Photo Contest 2011 [killing time]

BMW専門ショップのスタディが毎年開催している、フォト・コンテスト。
昨年に引き続き、今年もまた応募してみました。

今回のお題は、「海とBMW」。
すなわち、海とBMWとが写っていることが条件です。
実際は応募期間の途中で「海は必須に非ず」ということになったのですが、ある程度テーマが決まっていないとどうしていいかわかんなくなっちゃうので(汗)、やはり海入りの写真を応募することにしました。

Photocon2011.jpg
で、応募した写真は、こちら。
今年のゴールデン・ウィークに4泊5日の旅に出た際、福井県/敦賀市の「気比の松原」で休憩した際に撮った一枚です。
この日は本当に素晴らしい天気で、三方五湖から若狭、敦賀にかけてのシーサイド・ドライビングを堪能しまくっていました。
キレイな海の景色に出会っちゃーB3を停めていたのですが、中でもこの場所は風情があって画になるなぁ・・・と感じ、写真に収めていたのです。
旅路のB3はかなり汚かったんですけど、正午の勁い陽射しが松林を経て濃い陰を作り、汚れを上手に隠してくれました(笑)。

P1010209.jpg
ちなみに撮影機材は、パナソニック・DMC-G2(LUMIX G2)にキヤノン・New FD 85mm/F1.2Lの組み合わせ。
パナソニックのG2はいわゆる「ミラーレス一眼」と呼ばれるカテゴリーのカメラで、キヤノンやニコンなどに代表される一眼レフ機のような性能や機能はありませんが、小型軽量&安価で大変気に入って使っています。
またG2は最近のデジカメの例に洩れず、HD動画(720p)を撮影することもできます。
故に、調子に乗っていくつかムービーを制作した挙句、Blog上で開陳に及んでいることは、既にご存知の通りです(汗)。

P1010214.jpg
オークションで安く手に入れたキヤノン・New FD 85mm/F1.2Lは、今から30年も前に造られたオールド・レンズです(「New」なのに・・・)。
当時のフィルム式一眼レフカメラ用の単焦点レンズであり、オート・フォーカスも手振れ補正機能もありません。
重量は680g、G2の1.6倍もあり、金属とガラス球のごっつい造りが時代を感じさせます。
こいつをG2のマイクロフォーサーズ・マウントにアダプターを介してセットすると、開放F値は1.2のままで実質の焦点距離は170mm。
「大きく重く、手振れ補正もズームも効かない、ピント激薄のマニュアル・フォーカス望遠レンズ」と言う、何とも扱いにくい厄介な代物なのです(笑)。
それでも、G2の高性能EVFに助けられながらピタリと合焦させたときの画が私は大好きで、B3のポートレートはその殆どをこのレンズで撮っています。

そんなわけで、気比の松原で撮影した写真から一枚を択んで応募。
6月初旬にスタディのコンテスト・ページに無事掲載されて油断していたら、翌週のベスト100に残り、更にその翌週にはベスト40に入ってしまいました(汗)。
そして40位から1位までの最終的なランキングは、6月23日の夜にUSTREAM上の「Studie TV」の生放送上で発表するとのこと。
いやはや、盛り上げてくれますねぇ(笑)。

昨年のコンテストでは、大変ありがたいことに39位に入賞させていただきました。
今回もベスト40に選んでもらって既に大満足ではあるものの、ここまで来たのならもう一声、30位以内に入ることができればそりゃもう万々歳。
そんな強欲に前頭葉を侵されつつStudie TVのコンテスト結果発表を観ていたのですが、30位を過ぎても私の写真はコールされず、目標達成っ!とばかりに小さくガッツ・ポーズです(笑)。
ところが20位のラインを超えてもお呼びはかからず、おいおいちょっとどーなってんだよと液晶ディスプレイにツッコんだりしているうちに、カウント・ダウンはベスト10に突入しました。
妙な汗をかき、吐き気を抑えながら、もう早くコールしてくれと願う45歳。

で・・・。

StudieTV.jpg

マジかよ、おい・・・。

Studie TV.jpg

・・・あろうことか、優勝してしまいました(倒)。

まったく想像の範疇外にも程があるためでしょう、その瞬間は「嬉しい」という感情が湧いてこず、いわゆる「鳩豆状態」に陥っています。
それでも出演者の方々からの温かい拍手や、閲覧されている皆さんからのお祝いツイート、そして仲間からメール&コメントをいただくうちに、徐々に嬉しさがこみ上げてきました。
引き続きStudie TVからは講評の声が流れてき

「この人、ものすごく良く走られる方ですよねぇ」
「走る走る。アホほど走る!」
・・・アホほど?(汗)

「wataさん景品要らねぇだろ!」
・・・いや、できれば頂戴したいんですけど(涙)。

「この人、今ちょっと変わったタイヤ履いてるハズなんですよ」
・・・ま、確かに(頷)。

------

私はもともと、写真撮影やカメラにはそれほど興味がありませんでした。
2005年にこのBlogを始めてから、記事の挿絵代わりに小さなデジカメでぽつぽつとクルマの写真を撮り始めたのです。
しかし周囲のクルマ仲間の影響もあり、2008年の暮れにミラーレス一眼カメラのパナソニック・DMC-G1を買ってからは、従前よりも積極的に写真を撮るようになりました。
ただ、撮っているのは相も変わらずBlog用のクルマ写真ばかり。
ドライブ先で美しい景色に出遭っても素直にシャッターを切らず、その風景の中にB3を入れた「車景写真」を撮ることしか頭に浮かびません(笑)。
そんな私にとって、カメラや写真撮影はやはりクルマ趣味の一部なのだと思っています。

このBlogは自身のクルマ備忘録として書いているのですが、大変恐縮ながらたくさんの方々にもご覧戴いています。
皆さんにアクセス&コンタクトしてもらっていることが、テキストを書き、写真を撮るモチベーションのひとつとなっているのです。
従って今回「Studie Photo Contest 2011」で優勝させていただいたのは、文字通り皆さんのおかげだと思っています。
本当にありがとうございました。
併せて、このような機会と身に余る栄誉を与えてくれたスタディおよびコンテスト事務局の方々にも、心よりお礼を申し述べたいと思います。

photocon2011web.jpg

・・・しかし、未だに信じられないんですけど(汗)。

nice?(1)  コメント(46) 

nice? 1

コメント 46

KeiM.

wataさん、こんにちは。優勝おめでとうございます。
発表当日の流れを上手く表現されているブログ記事と、当日の講評等に大爆笑(ネットスラング的にはクソワロタw)させていただきたので、取り急ぎ、お祝いコメントさせていただきます(笑

撮影機材のマイクロフォーサーズ機とオールドレンズという組み合わせもwataさんらしいなと思います。それで、結果としていつも眺めていますが、綺麗な写真を撮られているので、すばらしいですね。この組み合わせは個人的にも興味をそそられ始めているので、参考にさせていただきます。
by KeiM. (2011-07-03 12:51) 

koji

おめでとうございます。

wata さんの写真はこちらのブログのコメントで皆さんが度々感心されていましたから納得の優勝ですね。

写真の下手な私が言うのもなんですが、良い写真は美的センスが無いと撮れないと思いますので、写真の上手なwata さんは羨ましい限りです。

これからも「車景写真」撮影に励んでくださいw
by koji (2011-07-03 13:08) 

manolio

wataさん、こんにちは。おめでとうございます♪

いつもこんな写真を撮りたいと思って拝見しておりましたが、さすがですね~。
どんなカメラを使っているのか気になっていましたが、一眼レフではなかったのですね。運転テクニックとだけではなく撮影テクニックも学ばせてください。



by manolio (2011-07-03 13:50) 

つくばの松

うお~ おめでとうございます!

優勝はwataさんだったんですね・・納得です。
しかし、次なる興味はお好きなタイヤ1setにおいてwataさんが何を選ばれるかです・・・!
studieをたてるなら、アドバンスポーツでしょうか?まあ、その他大手ブランドなら、あそこはあるでしょう。・・・しかし
あれとか、あれは扱ってないと思いますよ(爆)




by つくばの松 (2011-07-03 17:15) 

shima

おめでとうございます。
Studieの方々もべた褒めじゃないですか。。
いっそのこと、仕事もいっそのこと新しい世界へ踏み出したらどうでしょう??でも、みれば見るほど狙った写真ではなく、自然な写真でなお且つ
この車を好きなんだなぁという雰囲気が出てていいと思います。
多分恋人を写真にとると同じ構図になるんでしょうね。まぁそれ以前に恋人を泥だらけにはしませんので(泥プレイ?)木陰は選ばないでしょうが。。。
by shima (2011-07-03 18:10) 

ちゅう

!! おめでとうございます(^◇^) もう言葉なし。

陽のあたっている緑って、うまく取れたためしがありません。


by ちゅう (2011-07-03 19:49) 

DION

おめでとうございます!
ブログでの発表お待ちしておりました。
wataさんがBest40に入っていらしたので
Studie TVはその日見ていんですよ。
そして結果発表が進んでいくうちに・・・、これはもしかして!と。
2位が決まった瞬間、
思わずわぁ~!と興奮しちゃいました。(笑←深夜にもかかわらず)
GTを堪能した旅先での1枚が選ばれたなんて素敵な思い出になりましたね。
by DION (2011-07-03 22:25) 

nikukyu-

wataさん、おめでとうございます。

もっと早くお祝いの言葉を!と思ったのですが、たぶんブログネタにするんだろうと待ってました。

「アホほど走る」とか、「景品いらねぇだろ」の行は失礼ながら爆笑させていただきました(笑)。

景品はたぶん後日のブログネタになる事を楽しみにしています♪

一眼レフの必要性・・・コンデジで十分かも?(汗)
by nikukyu- (2011-07-03 22:56) 

wata

KeiM.さん、こんにちは。

ありがとうございます!
記載した講評は、Studie TVからほぼそのまま引用させてもらっています。
ネタではございませんので、お時間のあるときにでも録画版にてご確認下さい(汗)。

マイクロフォーサーズ機は一眼レフ機の廉価版的な印象がありますが、それだけでは無く独自の魅力があると思います。
各種オールド・レンズとの組み合わせもその魅力のひとつで、これができなかったら買わなかったかもしれません。
もちろん、一眼レフでしか撮れない画はたくさんあると思いますが、M4/3機でしか撮れない画もあるんですよね。
いずれにせよ私にゃこのシステムで十分ですので、当面は買い替えの必要がございません(笑)。

by wata (2011-07-03 23:40) 

wata

kojiさん、こんにちは。

ありがとうございます!
記事にも書きましたが、本当にBlogを観て下さっている皆さんのおかげだと思っています。
Blogを書いていなかったら写真もロクに撮ってないでしょうし、ましてや応募することなんて無かったでしょうからねぇ・・・。

ちなみに私、「美的センス」などコレっぽっちも持ち合わせておりません(汗)。
が、これからも懲りずに「車景写真」を撮ってゆくと思いますので、よろしければ引き続きおつき合い下さい。

by wata (2011-07-03 23:40) 

wata

manolioさん、こんにちは。

ありがとうございます!
そう、このカメラはファインダーがあってレンズ交換もできるのに、レフレックス・ミラーが無いから一眼「レフ」って呼んじゃいけないらしいですよ。
ま、個人的にはどーでもイイんですけど、もしもうっかり一眼レフとでも呼ぼうものなら、イヤ~な感じのカメラ・マニアに激ツッコミを喰らうこと必至です(笑)。

・・・しかしですね、運転テクニックとか撮影テクニックとか、そんなもん一切無いですから私。
むしろ教えていただきたいです、いやマジで(汗)。

by wata (2011-07-03 23:41) 

wata

つくばの松さん、こんにちは。

ありがとうございます!
何が何だか良くわかりませんが、優勝してしまいました・・・。
タイヤですが、アドバンスポーツは一度履いて自分には合わないことがわかっています(涙)。
「あれとか、あれ」の意味がサッパリわかりませんが、いずれにせよヨコハマ・タイヤの中から選ぶことになるんですよね。
ま、おいおい考えますわ(笑)。

by wata (2011-07-03 23:41) 

wata

shimaさん、こんにちは。

ありがとうございます!
「仕事もいっそのこと新しい世界へ踏み出したらどうでしょう??」の意味が全く不明ですが、いずれにせよ明日もまた節電中でクソ暑いオフィスでのデスク・ワークが私を待っているのです(涙)。

ちなみに私がカメラを買ったのは、2008年の12月にshimaさんと奥多野へドライブに行った直後です。
お借りした一眼レフの撮影感が非常に楽しくて、帰宅後にネットでカメラを物色し始め、その数日後にLUMIX G1をオーダーしてしまったのでした(笑)。
http://alpina-b3.blog.so-net.ne.jp/2008-12-21-1
これからもBlogを書く限り写真を撮り続けると思いますが、「木陰での泥プレイ」の撮影はかなり困難かと(汗)。

by wata (2011-07-03 23:42) 

wata

ちゅうさん、こんにちは。

ありがとうございます!
いやもう、こうして皆さんにお祝いの言葉をいただいて、私ゃつくづく幸せ者だと思いますよ(泣)。

青いボディ・カラーは緑の中に置くと映えるので、自分でもこんな写真を多く撮ってると思います。
仰るとおり、陽の当たる緑は難しいかもしれませんが、ま、いずれにせよあまり難しく考えずに撮ってる次第です(←そんなんでいいのか?)。

by wata (2011-07-03 23:43) 

銀蔵iD

wataさん こんばんは。
いつも楽しくBlogを拝見しております。
この度は優勝おめでとうございます。

実は、自分も「LUMIX G2」使ってます。ちなみに色も同じです。
同じカメラなのに何故こんなにも差があるのか?疑問に思ってたんですが、少し謎が解けました。
といっても芸術的センスがないのでwataさんのような素晴らしい写真を撮るのは不可能に近いんでしょうけど(T_T)
少しでも近づけるように稽古に励みます。
by 銀蔵iD (2011-07-03 23:43) 

wata

DIONさん、こんにちは。

ありがとうございます!
・・・って、ご存知だったんですか?
しかもStudie TVをご覧になっていたとは、いやはや何ともお恥ずかしい限りです(照)。
当初、生放送で発表するってのは実に面白い企画だなぁと思っていたのですが、実際に見ていると緊張感炸裂で、後半はマジで吐きそうになってましたよ・・・。
カラダに悪いです、この企画(汗)。

グランド・ツーリングはクルマ・ライフにおける最大のイベントだと思ってますが、その旅先で撮った写真が選ばれて本当に嬉しいと感じています。
はい、良い思い出になりました(笑)。

by wata (2011-07-03 23:43) 

wata

nikukyu-さん、こんにちは。

ありがとうございます!
・・・って、nikukyu-さんもご存知だったんですね(汗)。
「走る走る。アホほど走る!」はスタディの鈴木社長が放ったコメントだと思いますが、私もその瞬間は思わず大爆笑してしまいました。
いやー、お褒めに預かり光栄です(←褒められてるのか?)。

最近のコンパクト・デジカメは、素晴らしく高性能でキレイに写るらしいですね。
が、私にゃ更なるカメラを買える財力はございませんので、引き続き今のカメラでせっせと写真を撮って参る所存です(頷)。

by wata (2011-07-03 23:46) 

wata

銀蔵iDさん、こんにちは。

ありがとうございます!
・・・と、久々にコメントいただいて嬉しく思い、Blogを拝見してビックリ!
なんとまたもやiDing、しかもS3とは、銀蔵さん素晴らしすぎますって(涙)。
例によって私は「みんカラ」コメント不可なのですが、これからの更新も楽しみにしていますよ!

で、同じ「青いG2」とはこれまたご同慶の至りです。
NEXやPEN、LUMIX GFxなどなど、ミラーレス一眼の主流は「ファインダー無し」ですが、私は特にフォーカシングの際にG1/G2のファインダーにずいぶん助けられました。
これからも助けられまくると思いますよ、ハイ(笑)。

by wata (2011-07-04 00:03) 

Z3

おめでとうございます!
いつも綺麗な写真ですからね。
これからもちょくちょく拝見させていただきます。
by Z3 (2011-07-04 08:11) 

s_saigo

おめでとうございます。
もしやとは思っていましたが、やはり映像関係の…
まぁ、それは良いとして、かなり有名な乗り手だったんですね!!
すごいっす。
かなりの誉れですね。
by s_saigo (2011-07-04 10:03) 

zdm1929

こんにちは(^^)
優勝おめでとうございます!海と車、素敵な写真ですね♪
楽しい記事はもちろんのこと、写真も楽しみにさせていただいております(^^) またウチの330も撮ってください。今度は洗車しますので(笑)
ちなみにワタシもクソ暑いオフィスでデスクワークにヤラレております(>_<)
暑いと体調壊しますので(ワタシも去年ヤラレました)くれぐれもお気をつけてください(^^)
by zdm1929 (2011-07-04 11:22) 

獅子まる

優勝おめでとうございます。

wataさんは謙遜されてますが、写真って写す方の力量や感性が大事です。
同じ場所で同じような風景を写しても、その方の構図しだいで
まったく違う印象を受けますから・・・
カメラばかり何台もあっても、良い写真が撮れるかはカメラマン次第であって、wataさんの写真を見てると凄く感じます。
私はカメラ収集が趣味なんで、作品は2の次ですから、爆

副賞のハイグリップタイヤ!是非耐久性と限界グリップを踏まえたインプレッションを楽しみにしています。w
by 獅子まる (2011-07-04 12:17) 

ぽちぶらっく

優勝おめでとうございます。

wataさんの写真も動画も並ではないセンスを感じていましたが、やっぱり選ばれる絵をつくる才能があると思います。

これからも目を惹かれる写真等でブログを楽しませてください
(^^)
by ぽちぶらっく (2011-07-04 19:10) 

wata

Z3さん、こんにちは。

ありがとうございます!
スキルやセンスはともかく(汗)、被写体[B3]とロケーション[気比の松原]に恵まれて、お気に入りの1枚を撮ることができました。
「これからもちょくちょく拝見」していただけると、書くのも撮るのも大変励みになります。
どうぞよろしくお願いします!

by wata (2011-07-04 20:49) 

wata

s_saigoさん、こんにちは。

ありがとうございます!
・・・ってあのですね、私ゃ「映像関係」でも「有名な乗り手」でも何でも無く、以前から申し上げている通り、単なるクルマ好きの中年サラリーマンですから(汗)。
そう言えば他の人のBlogで私のことを、映像関係のプロであることは事実、と書かれているのを見たことがあります。

事実じゃないです。
事実じゃないですよ、ちっとも(涙)。

by wata (2011-07-04 20:50) 

wata

zdm1929さん、こんにちは。

ありがとうございます!
はい、コンテストは別としても、自分でも大変気に入った車景写真が撮れました。
相変わらずBlogの本分はテキストにあると思っていますが、これからもその拙いテキストを写真で誤魔化していこうと考えています(汗)。

節電オフィスでの勤務、お互いもう若くありませんから、体調管理には万全を期していきましょう。
なお、330iは洗車した上でどうぞご自身でお撮り下さい。
ついでに私のB3も洗車していただき、バッチリ撮っていただければと思います(←洗車もか?)。

by wata (2011-07-04 20:51) 

wata

獅子まるさん、こんにちは。

ありがとうございます!
・・・しかしですね、謙遜だなんてとんでもございません。

私は自分が撮りたいと思う写真を勝手に撮ってるだけなのですが、そもそもの要求レベルが大して高く無いために、「おぉ、良く撮れたわい。もうこれでいいや。わは、わはははははははは」と、すぐに満足してしまいます。
自分の要求レベルが高く無いことは自分が一番良く解っていますので、他人様から褒めていただいたりすると、どうにもギャップを感じて恐縮してしまうのです。
つまり謙遜できるだけのレベルには達していないワケであり、いやもう自分でも何言ってるのかワケわかんなくなってきましたので終了(←終わりか?)

もちろん、「耐久性と限界グリップを踏まえたタイヤ・インプレッション」など、私に書けるハズもございません。
良くある「メーカーの宣伝文句や他の人の『インプレッション』からのコピー&リライト」で、どうか勘弁して下さい(伏)。

by wata (2011-07-04 20:52) 

wata

ぽちぶらっくさん、こんにちは。

ありがとうございます!
「並ではないセンスを感じていました」とか「選ばれる絵をつくる才能があると思います」ってのは恐らく何かの間違いだと思われますが(汗)、お祝いのコメントをいただき本当に嬉しく思っています。

Blogは相変わらず自分のために書いているんですけど、少しでも楽しんでいただけているのなら、それに優る喜びはありません。
またひとつ、モチベーションをいただきました(笑)。

by wata (2011-07-04 20:53) 

amataro

wataさん おめでとうございます!

いやー謙遜されてますが、納得の1位だと思いますよ。 景品がタイヤとのことで、オイル交換と同時にタイヤ交換されているwataさんにはぴったりですね。
やっぱりこのご時世ですからDNA ECOSなんぞをチョイスされると、ブログのネタにもなるのではと。。。

次のタイヤ選択も楽しみにしております。




by amataro (2011-07-04 22:03) 

wata

amataroさん、こんにちは。

ありがとうございます!
謙遜と言うよりは恐縮しまくりって感じなんですけど、皆さんにお祝いのコメントをいただいて本当に嬉しく思ってます。
調子に乗ってこれからも写真を撮り続けてしまうと思われますので、その点は何卒ご了承下さい(伏)。

賞品がタイヤってのは、本当にありがたいと思ってます。
ちなみにですね、私はオイル交換と同時にタイヤを交換する・・・なんてことはありません。
交換時期が重ならないよう、何とかズラしてしのいでいるのです(←ホントか?)。

by wata (2011-07-04 22:45) 

kenzou

優勝おめでとうございます。

なるほど、いつものあの写真はこのレンズで撮ったものだったのですね。ノウハウを惜しみなく教えていただいてとってもありがたいです。
やっぱり写真はレンズで決まるっていうことなんですかね。いや違う、レンズと腕ですね!
by kenzou (2011-07-04 23:04) 

wata

kenzouさん、こんにちは。

ありがとうございます!
ノウハウっつーほどのモンじゃございませんが(汗)、せっかくなのでカメラ&レンズのご紹介もさせていただきました。
いずれにせよマイクロフォーサーズ機と中古レンズの組み合わせですから、システムとしてはかなり安上がりですよね。

このレンズ、扱いにくいってところは記事にも書きましたが、その写りは本当に気に入っています。
また、G2の各種機能がマニュアル・フォーカシングを大いにサポートしてくれています。
・・・そう、スキルの低さをレンズやカメラに思いっきりカバーしてもらってるんですよ(笑→泣)。

by wata (2011-07-04 23:26) 

こだま

わーー、優勝おめでとうございます!

最近の「ポチッ・・・」と落札した数々のレンズは知りませんが、昔からのカメラの変遷を身近で見ていた者としては、感慨深いものがあります・・・

まあ、どんなカメラで撮っても上手かったので、「いつかこういう日がくるかも・・・」と密かに思っていました。

これからは「クルマで巡る、うまい蕎麦と日本の風景」というブログに変えないといけませんね!

しかし、いつも分けてもらっている写真のデータが有料にならないことを祈ってやまない今日この頃です・・・
by こだま (2011-07-05 08:26) 

HAM@850

改めて・・・世間でめっぽう評判の良いA008 NEOVAに対しての復興大臣並みの評価が聞きたいなぁ・・・(^^)v
by HAM@850 (2011-07-05 09:06) 

wata

こだまさん、こんにちは。

ありがとうございます!
そうですね、初めてお会いした頃は三洋のムービー・デジカメ「ザクティ」を使っていたと思います。
BlogのプラットフォームはSo-netではなくLOVELOGでしたし、タイヤはミシュラン・パイロットスポーツを履いていました。
嗚呼、何もかもが懐かしい・・・(永眠)。

ちなみに最近はもうレンズは買っておらず、むしろ少し処分しようかと思っているところです。
持っている12本のうち、実際に使ってるのはせいぜいその半分ですからねぇ・・・。
写真は貰っていただけるだけでも大変光栄なので、次回のドライブでもこだまさんのクルマを勝手に撮って一方的に送りつけたいと思います(笑)。
最後になりましたが、私のBlogはあくまでクルマが「主」、蕎麦や温泉や風景は「従」です。
くれぐれも、お間違い無く(汗)。

by wata (2011-07-05 19:55) 

wata

HAMさん、こんにちは。

ありがとうござ

・・・あの、仰っていることが良く飲み込めないのですが、もう辞めちゃいましたよ復興大臣(涙)。

by wata (2011-07-05 19:56) 

zen

だからなぁ、高級な一眼レフでなくても、腕さえあればミラーレスで十分なんだよなぁ。
ほんでもってOILもBPのZEROだし、タイヤも激安アジアンときたもんだ!

まあ写真に順位つけるのはいかがなもんかとは思うけど、まあそれは今回はあっちに置いといて・・・優勝だもんなぁ。

うだうだ能書きほざいてる暇あるなら走れよ、撮れよ、食えよ(?)って事をまざまざと見せつけられましたぜ、・・・旦那様。




by zen (2011-07-05 21:34) 

wata

zenさん、こんにちは。

腕もカネもありませんけど(涙)、もし山ほどカネがあったとしても、やっぱり一眼レフ機は買わなかったと思いますよ。
今使っているG2は自分のニーズにピッタリですし、個人的には決して「プアマンズ一眼レフ」なんかじゃないと思ってますからねぇ。
オイルやタイヤへの言及理由がイマイチ不明ですが(汗)、BPのZeroNAはとてもいいオイルだと思いますし、ネクセン・N3000も私にゃ十分なタイヤだと思ってます。
ま、要するに要求レベルが高くないんでしょうな、私(頷)。

ところで、「旦那様」ってどなたのことでしょう?
・・・ひょっとしてzenさん、呑んでるんですか?(汗)。

by wata (2011-07-05 22:34) 

toriton

はじめまして&おめでとうございます。blog楽しみに拝読させて頂いております。過去に一度、関越道所沢付近でwataさんにブッコ抜かれたことがあります。(←後姿からしてまず間違いない)暫く追いかけましたが非力なti号は見事に振り切られました(大汗:

副賞のタイヤ選択&インプレを楽しみに、またお邪魔させていただきます。
by toriton (2011-07-05 22:43) 

wata

toritonさん、はじめまして!

へっぽこBlogにも関わらず(汗)、ご覧いただきどうもありがとうございます。
また、お祝いのコメントも本当に嬉しく思います。
これからもこんな調子でBlogを続けていくつもりですので、よろしければどうぞ遠慮なくお立ち寄り下さい。
今後ともよろしくお願いします!

・・・で、「関越道所沢付近でwataさんにブッコ抜かれたことがあります」と言うのは何かの間違いでは無いでしょうか、そもそも所沢付近は交通量が多くて他のクルマをブッコ抜いたりできませんし、いや空いててもブッコ抜いたりしませんけど、ほら青いB3に乗ってるのは別に私だけじゃありませんから、しかし万が一それらしいB3を路上で発見したとしても是非見なかったことにしていただき、なかなか梅雨も明けずに蒸し暑い日が続きますので、toritonさんも健康には十分留意していただきお互いに楽しいクルマ・ライフを送っ(以下略)

by wata (2011-07-05 23:14) 

はいぱー

おめでとうございます。
今まで、このブログを拝見しているとふしぎはありませんが。
(鯉のぼり、も好きな写真だったり)
by はいぱー (2011-07-06 14:39) 

wata

はいぱーさん、はじめまして(ですよね)!

ありがとうございます!
何も生み出さないままいつの間にやら6年が経過しようとしているBlogではありますが(汗)、こんなんでもよろしければ、引き続きお立ち寄りいただけると幸いです。
これからも、よろしくお願いします!

今年の4月に群馬県/神流町で撮った鯉のぼりの写真は、僭越ながら自分でも大変気に入っています。
はいぱーさんにもそう言ってもらえて、とても嬉しいです。
・・・しかしやっぱり少ないです、クルマ以外の写真(汗)。
http://alpina-b3.blog.so-net.ne.jp/2011-04-26

by wata (2011-07-06 19:35) 

はいぱー

初めてではありません。が、はいぺりおん、というハンドルネームで過去お邪魔していたのかも(汗)。記憶力が劣化しています。
by はいぱー (2011-07-07 07:38) 

Yuba

すげぇ!優勝っすか。
確かにアホほど走るってのは否定でいないですね~(笑)
by Yuba (2011-07-07 18:41) 

wata

はいぱーさん

あ、はいぺりおんさんでしたか・・・。
「はじめまして!」って言った相手に「いや前にもお会いしてますけど」って言われるのは、実生活だと相当気まずいですよね(涙)。

by wata (2011-07-07 20:41) 

wata

Yubaさん、こんにちは。

はい、優勝しちゃいましたよ(笑)。
しかしですね、「アホほど走る」ってのはどうなんでしょう・・・。
本人は至って普通に走っているつもりなので、否定していただけませんでしょうか(汗)。

by wata (2011-07-07 20:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。